『Rewrite』の思い出を語らせていただきたい。

http://www.rewrite-anime.tv/assets/img/index/key.jpg 

アニメ『Rewrite』が始まりますね。5年ごしのアニメ化。『リトバス』もびっくりですよ! やはりKey、根強いコンテンツ力というものを感じます。

「麻枝准トリビュート」という本も作った私ですが、『Rewrite』も好きです。麻枝さんはクオリティコントロール(監修)という立場にとどまり、音楽にしてもBGM1曲とED曲2曲を提供するにとどまっている作品なのですけれども。

というか、実際「好き」という一言で言い表せない思いがあります、『Rewrite』には。この作品、2011年の6月に発売されたのですが、当初はもっと前に発売される予定だったのですね。理由は直接関係していたかはちょっと記憶が曖昧なのですが、結果として東日本大震災をまたいでの発売となったわけです。

で、僕の心に『Rerwrite』という作品が深く刻まれているのも、この東日本大震災が深く関係しています。一年目の就職活動が上手くいかなかった僕は、浪人を決め、2年目の準備に追われている最中。あの震災は起こったのです。

正直、就職とかどころじゃなくなりました。もう心が折れました。いや、すでに就活によって折れかけていた心が追い打ちをかけられたというか。当時、新聞社でバイトしていたのですけども、連日原子力発電所のニュースに触れるようになって。本社勤務の記者さんって、意外とのんびりしてたりもするんですけど、もう一変したんですよね。ぴりぴりして。

言論を送り出す場ですから、当然社内でもいろんなオピニオンが飛び交います。直接大激論を目にしたとかそういうわけではないんですが、やっぱりこの未曾有の事態をどう伝えるか、ということに、神経を尖らせている様が伝わってくるわけです。で、そもそも新聞社でバイトしていたのも自分がマスコミ志望だったからですから、自分でもいろいろ考えるわけです。

人間、滅びればいいんじゃないかと思いました。切に。

いわゆる「お祈り」をされ続け、「自分なんて…」という思考になっていたことも否定しませんが、原子力なんていう、自然界に元々ない力を使って、それが地球からお返しを食らったんだ、人間なんて地球にとっては異物でしかないんじゃないか? って。本気で思い詰めてました。

そんなもやもやした思いを抱えながら数ヶ月が経って、就職活動も上手い結果が出ず…そういや、やってなかったなと思い出し、『Rewrite』をプレイすることに相成ったわけです。

もうね、とてつもなく響きました。テーマが。

若干ネタバレになることを承知で書きますが、ド直球なんですよ。環境問題です。地球と人間の共生(そもそもそんなことは可能なのか?)です。基本軸となるのは急進的な環境主義者と開発主義者の争いなんですね。各攻略ヒロインはどちらかの陣営に属していて(中立的な立場のキャラも一人いますが)、主人公はどちらの味方につくか、というところでシナリオが分岐します。

しかし、どちらの陣営につくにしても主人公の動機の根幹となっているのは「誰か(ヒロイン)のために」というところなわけで、人間を捨てきることはできないんですよね。これは『Rewrite』でメインシナリオを手がける田中ロミオさんの作品、とりわけSF色の強い『CROSS†CHANNEL』や『最果てのイマ』、ライトノベルの『人類は衰退しました』などにも通底する筆致だと思うのですが、人類(史)という巨大なスパンから人間の生を見渡し、それを肯定する…というのがあると思います。

結局、数多の並行世界を旅し(ノベルゲームですからね)、神にも等しい視点を得たからといって、人間の身に生まれ落ちた以上は人類史の中に組み込まれる他はなく。地球や、それこそ神からすれば異物かもしれないけれど、人間として生きるしかないのだと。その「生きよう」とするエネルギーそのものは、否定してはならないと…就職活動も何もかもが上手くいかず、「地球にとっては不要な、人間という生物」であることを言い訳に「もう生きていたくない…」と嘯き始めていた僕に、「生きようとすること自体は否定してはならない。そのエネルギーを、正しい方向に使うことだけを考えるべきだ」ということを身をもって教えてくれたのが、『Rewrite』という作品だったのです。

こんなに真っ当に作品のテーマというものを受け取ることは後にも先にもこれ以上なく、自分の中では改めて語るまでもないくらい人生の一部になっているような作品だったので、まさか5年ごしにアニメ化されるなんて今回のようなことがなければ、こうして語る機会もなかった気がします。

今回のアニメ化ではキービジュアルにも大きく描かれている通り、「篝」という神秘的な存在を軸に話が展開するようです。ほぼアニメオリジナルの展開となるようですね。「篝」というのは原作では隠しキャラのようなもので、まあ言ってしまえばいわゆる神…すべての個別ルートを踏破して、プレイヤーと近い次元まで上昇した主人公と対になるような存在ですので、それをいきなりアニメで描くというのはどんなものなのか、正直不安が七割というところです…が、田中ロミオさんも全面的に脚本にかかわっているということなので、そこは信じていきたいと思います。

他にも「田中ロミオ高橋龍也麻枝准が同時にクレジットされるアツさ」「麻枝准の新曲“End of the World”」「原作アニメムービーを手がけた天衝氏が『きんモザ』『グリザイア』2作の経験を携え満を持して本編を監督」などなど、見どころは尽きない今回のアニメ化。昨年の『Charlotte』『Angel Beats!』につづき、2年連続Key作品で盛り上がれることを喜びつつ…今回は筆を置きたいと思います。