読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「2016年11月9日」の雑感

時代とジャンルを築いたミュージシャンが次々と亡くなった。

日本一の名城とも呼ばれた城が災害によって倒壊した。
ある映画の大ヒットによって、愛したジャンルはいよいよ空虚なものだったと突き付けられた。
そして今日、とんでもない人物が合衆国大統領に選出された。
 
「彼」について、実のところ僕は多くを知らない。
成り上がりの富豪で、70歳を超えようかという老人で、差別的で攻撃的。周囲を顧みない暴言を撒き散らしていたという、報道されていた以上のイメージはない。
 
ただこれから書くことにおいてはそれで十分なのだ。
僕が今日の出来事を経て思うのはたったひとつ、「品格や礼節を欠いた人間が我が物顔に暴れ回っているのは、きわめて不快である」ということだからだ。
 
やれ反知性主義だ、ファシズムの再来だ、為替市場が混乱だ、安全保障がどうだといった大文字の議論は(とりあえずは)どうでもよい。
なぜ、「こういう人とは隣人付き合いをしたくないなあ」といった、素朴な感想というのが出てこないのかが不思議なのだ。
 
エリートは先に挙げたような「大文字の議論」をしているだけだったから、彼を待望する層の厚みが見えなかったのだ、という意見がある。
それはそうだったにしても、彼を支持していた人たちは人たちで、本能的・感覚的に“暴言”に熱狂していたのではないだろうか。
 
本能的な熱狂に対抗しうるのは、抑圧的な知性ではなく、直観的な理性なのだと思い知る。
直観を信じるということ。言葉による理屈を経由しないという意味では「本能的」と似ているかもしれないが、そこでは経験の蓄積による、きわめて冷静な判断が行われている。
 
そしてこの「直観的な理性」を働かせる際に重要になってくるのが、品格礼節というものだと思うのだ。
これは学歴だとかエリートだとかそういったものには拠らない。言うなれば他者との交流の中で育てられる習慣の束であり、「相手の立場になって考える」とか「優先順位をつけて丁寧に仕事を行う」とか、そういう当たり前の行為を積み重ねることで培われるものだ。
 
自分が6年間やっていた剣道では、試合の前と後に必ず相手に対して黙礼をする。
これは剣道の目的が勝ち負けを競うことにではなく(もちろん結果的に勝敗はつくが)、「剣を交えることで、お互いに精神を高め合う」ことに主眼が置かれているからだ。その場を提供してくれた相手に対して、感謝と敬意を示すために礼をするのである。
 
何も武道をやれという話ではない。ひとつひとつの行為にきちんと理由があることを理解し、それを身体化することでしか行えない判断というのが存在するということが言いたいのである。
「彼」の暴言に熱狂してしまった人々は、こうした身体化がうまくできていなかったのではないか。
 
やはりインターネットの存在は大きいだろう。それも脊髄反射的に電子上の「アクション」を起こすことのできるスマートフォンSNSの存在だ。
「身体的な情報操作」と「習慣(情報)の身体化」は、似ているようでまったく異なる。外部の情報に対して身体を反応させるだけなら、幾多の野生動物もやっていることだ(むしろ彼らのほうがその点では優れている)。「人間」という個性的な動物であることを望むなら、積極的に情報を解釈し(物事の理由に思いをめぐらせ)、自らの身体イメージを作り替え続けていかなければならないだろう。
 
こうしてスマートフォンを触っている間にも、僕らは日々何気なく「直観的な理性」を摩耗させているのかもしれない。
そういう危機感は持ったほうがいい。